17 寳聚寺(埼玉県栗橋町)

■寶聚寺は、当時、下総国下川辺庄高柳郷と呼ばれ、利根川が西側に流れる武蔵国との境目の要所に両上杉家に備えるための屋形を備えた後、明応2年(1493年)初代古河公方足利成氏の弟尊成により屋形を寺に改造し開山したと伝えられています。現在、鎌倉の円覚寺の末寺として臨済宗円覚寺派に属しています。

地図検索用住所

埼玉県北葛飾郡栗橋町高柳2208-1


寶聚寺

  Copyright(C)2004 全国足利氏ゆかりの会  ○当サイトの画像及び文章を承諾なく転用することはご遠慮願います。